ローンが残っている車の買取

ローンが残っている車でも買取してもらえる?

車を購入する際には、現金一括払いではなく自動車ローンを利用して購入されている方が多い傾向にあります。もしもローンで車を購入した後に、なくなく車を売却する必要が出てしまった場合、車買取業者を利用するような場面では、ローンの残債が気になってしまいます。

 

車を売ることができるのか、または車を売ることができないのかどうかで迷ってしまうことがありますが、結論から言えばローンが残っている場合でも買い取りを利用することは不可能ではありません。

 

しかし、車検証を見た場合では、所有者の項目に自動車ディーラーや信販会社、ローン会社などの名称が記載されていることが前提です。所有権が他人にあることから、基本的には勝手に売却することはできません。

 

売却する方法としては、残債を一括して支払うことが求められているので、この方法で問題がない場合では、スムーズに買取りを利用することができます。

 

例えば残債が100万円残っている自動車で、120万円で売却できた場合では、そのまま受け取ったお金で残債を支払うことができるので、なんら問題は生じないことになります。一方で100万円の残債で、80万円の査定しか付かなかった場合では、20万円が不足しているので、貯蓄などを利用して返済に充てる方法で問題なく買取りを利用することができます。

 

条件次第では買い替えを行う場面では、ローンを組み替える方法もあるので、購入先で相談してみることも一つの方法です。