車を売る時の必要書類

車を売る時にどんな書類が必要?

車を売る際の手続きにはいくつかの書類が必要になります。委任状など買取り店側が用意してくれるものもありますが、その他のものについてはスムーズに手続きを行うためにも事前に準備しておきましょう。

 

売却する時の必要書類としては車検証、自賠責保険証明書、自動車税の納税証明書、リサイクル券などが代表的です。これらの書類に加えて普通自動車の売却に際しては印鑑登録証明書も必要になります。軽自動車の売却手続きでは認印でも可能なこともありますが、普通自動車の売却手続きにおいては実印が必要になりますので、それが実印であることを証明するための印鑑登録証明書も必要になるのです。なおこの印鑑登録証明書は発行後1カ月以内などの制限がつくのが一般的です。また印鑑登録証明書と車検証の住所の記載が異なる場合は、別途住民票も用意しなければいけません。結婚などで姓が変更されている時も、戸籍謄本が必要になります。

 

これらの書類があれば基本的には売却手続きをおこなうことができますが、詳細については各買取り業者の担当者に確認しておいたほうがいいでしょう。さらに整備記録簿や各種の取扱説明書がある場合は査定額に好影響を与えますので、残している人は用意しておきましょう。